【1日一食の食事】片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介

せったい海藻農園

無農薬・無化学肥料・天日干しのお米販売

ブログ『海藻パワー田んぼパワー』海と田んぼの作業日記

【1日一食の食事】片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介

【1日一食の食事】片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介

【2020/10/06】

1日1食、断食する人の食事とは?

1日1食、断食の方はどんなものを食べているか興味ありませんか?さぞこだわりの一品を頂いているような気がします。片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介します。


量も品目も3食分

ぱっと見て思うのは「量」と「品目」がとても多い事。1食が3食分ありそう。これをよく噛んで2時間かけて頂いています。


【1日一食の食事】片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介

【1日一食の食事】片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介

【1日一食の食事】片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介


1日1食、断食は55才から始める

鶴ちゃんの食事は玄米・野菜・果物中心でシンプルですが、量はとても多いです。32歳のボクシング時代から1日2食で、55歳過ぎてから1日一食です。 8、9種類のおかずを週一回作り置きして、プレートに載せて玄米と一緒に2時間かけて頂きます。


食べる順番も何かありそう

食べる順番ですが、まず季節のフルーツ5種類くらいを先に食べます。甘夏・みかん・サクランボ・バナナ・マンゴー。

次に玄米・味噌汁・野菜。

最後に種実。クルミ・ごま・カシューナッツ・ヘーゼルナッツ・アーモンド・ドライフルーツ。


フルーツ、種実が多い

フルーツと種の実が多く、この量なら2時間かけて食べるのも納得します。生の果物は食物繊維や酵素がたくさん含まれているので最初に食べるのでしょうか?


食養生の基本である「ま・ご・わ・や・さ・し・い」豆・種実・海藻・野菜・魚・しいたけ・芋と比べると、魚類がなくフルーツが多いです。

特に種実が充実していることから、魚の脂の代わりに種からとっているのかも知れません。


正直言って「仙人食」

このメニューを見て思うのは、まさに仙人食!125才まで健康で生きることを目指している様。


よく噛むことが、1日1食の秘訣

1日1食にできるのは、この量をよく噛んで食べることに意味があります。なるだけ消化にエネルギーを使わない方が良いからです。3食だとどうしても早食いになる。


1日1食、断食を始めるなら、まずは1日2食から

まず30歳・40歳・50歳代は、玄米中心の1日2食で良く噛む習慣を身につけておき、60歳くらいになったら「ぼちぼち」1日1食に移行していくと良い気がします。


1日2食を始めるなら無農薬の有機野菜

鶴ちゃんは契約農家から無農薬の有機野菜を購入しています。無農薬で育てられた米や野菜は栄養価が高いためです。もちろん微生物も多い。


食べ物に微生物が大切な理由

食べ物に含まれる微生物は腸内細菌のエサになり、腸内フローラを豊かにします。腸管免疫がとても大切。全身の免疫の7割が腸で作られる。 鶴ちゃんもヨガで腸を「グイグイ」動かして鍛えています。腸管免疫の大切さが分かっているからです。


1日2食でオートファジーが効果的

私自身(2020年46才)、朝・夕だけの1日2食の玄米食ですが体調はすこぶる良いです。1日1食は60才くらいを目標にしています。 食事回数減らす方が、オートファジーも効いて病気知らず、長生きできます。

断食とオートファジーの関係をわかりやすく説明【2016年のノーベル生理学・医学賞】


100円+送料「無農薬のお米プレゼント」

無農薬「昆布ミネラル米」最大のメリット


コロナウイルス対策

腸内フローラ

玄米・発芽玄米

豆乳ヨーグルト

ホンモノの食べ物

歯周病・糖尿病予防

お米の栽培方法

1日2食の断食方法

わかめ・こんぶ養殖

過去のブログ

問い合わせ
就農動機
プライバシー
特定商取引法