【塩の選び方】成分に微量ミネラルが含まれていることが大切

せったい海藻農園
 
無農薬・無化学肥料・天日干しのお米販売
ホーム | 商品 | ブログ | 農園概要

 【塩の選び方】成分に微量ミネラルが含まれていることが大切

【塩の選び方】成分に微量ミネラルが含まれていることが大切


写真は上から
野田塩(岩手県野田村)、番屋の塩(岩手県田野畑村)
食塩、伯方の塩

塩はスーパーにたくさんの種類が売られていますが、どの塩を選んだら良いでしょう? 毎日の食卓には欠かせないものであり、健康にも影響があるため良い塩を選ぶことは大切です。

結論から先にいうと良い塩とは
自然の海水をそのまま煮詰めたものが良い塩です。
微量ミネラルがすごい大事!

【良い塩】


野田塩や番屋の塩(田野畑村)は昔からの製法で海水を煮出して作られるため、 成分に微量ミネラルを含んでいます。 |自然海塩|や|直煮|と書かれています。岩塩も海水の成分そのままであるので良い塩です。



【悪い塩】


食塩は、塩化ナトリウム99%であるため良くありません。 ミネラルによる浸透圧調整ができなくなるため、高血圧の原因になります。



【良い塩と悪い塩の中間】


伯方の塩は微量ミネラルが少なめであるため、良い塩と悪い塩の中間ぐらいです。



身体の体液の成分も海水に似ていることからも、微量ミネラルを含んだ塩が良いです。 良い塩に含まれるカリウム、ナトリウムは細胞の浸透圧を調整します。(高血圧予防)


マグネシウムも歯周病予防や高血圧予防になります。(歯学博士 小峰一雄先生)



良い塩は体を温める効果があります。

私の実体験では塩を代えると風邪をひきにくくなります。 季節の変わり目で必ずひいていた風邪をひかなくなりました。 毎日背中のあたりが、ぽわ〜っとあったかい感じがします。



微量ミネラルは補酵素

塩は「食」の一番の基本。微量ミネラルがないと代謝もうまくいかなくなります。 ミネラルは酵素の働きを補う「補酵素」「腸内フローラ」の「腸内細菌」の活動にも関わっています。


良い塩を摂取することが大事であることが、分かっていただけたでしょうか?



↓ランキングに参加しています。
クリックお願いします!




農林水産ランキング




konbumai.com
Copyright © 2019 せったい海藻農園 All rights reserved.